前のページに戻る

宇治茶のカタログ(商品一覧)は
宇治茶の通販「摘翠園」ネットショップ(抹茶・玉露・煎茶・雁がね・玄米茶・ほうじ茶・進物・贈答) のサイトをご覧ください。
もしくは 宇治茶の老舗「摘翠園」のサイトをご覧ください。

宇治煎茶のご注文は
宇治茶の老舗「摘翠園」ネットショップの【煎茶】ページから
もしくは 宇治茶の老舗「摘翠園」のご注文ページ
から

お茶とぴっくす  

 
 宇治煎茶
  uji sencha

     煎茶は、緑茶の中で最も広く飲まれているものです。
 新鮮な香りとさわやかな味、そして見た目に鮮やかな色・・・。
 香り高い煎茶の一服は、心がやすらぐものです。
 その香りをよくするもとは、霧だともいわれ、
環境のよいところで、
 栽培を念入りにし、若芽をていねいに摘んで作られています。

    味は、いれるお湯の温度によってずいぶん変わります。
    熱いお湯でいれると、苦みのきいたお茶になり、
   ぬるめのお湯でいれると甘さの感じられるまろやかなお茶になります
。    

おいしい煎茶の入れ方
                
1.茶碗にお湯を8分目ほど入れてさます。
上茶で70度、並で90度。

2.お茶の葉を急須に入れます。
5人で10g (大さじ2杯)
3.湯冷ましたお湯を急須につぎ、40秒位お湯が 浸出するのを待ちます。
4.お湯をつぐ分量は均等に、濃淡のないように廻しつぎし最後の一滴までお茶は絞りきりましょう。
おいしく味わえる温度50ー60度位
2煎目は、お湯を入れてから10秒位待ちます。






宇治茶の摘翠園の各サイトはこちらから
「摘翠園」通販TOPページお茶のカタログ宇治茶のご注文表FAXご注文表ご注文方法・お支払方法玉露抹茶煎茶雁がね玄米茶ほうじ茶
煎茶ティーバッググリーンティーペットボトル茶器玉露の入れ方煎茶の入れ方抹茶の入れ方摘翠園の由来会社概要
ホテル仕様の羽毛まくらのご注文ページ羽毛ひざかけのご注文ページ緑茶まくらのご注文ページ